Loading...

  • instagramIcon
  • facebookIcon
  • blogIcon
  • formIcon
  • toEngIcon
  • toJaIcon

tNt Nature Connections

カナダ極北・ユーコン準州 Nature Guiding & Learning

tNt Nature Connections|カナダ極北・ユーコン準州 自然ガイド&教育

spMenu

tNt Tours > Summer&Fall Tours

黄葉の世界遺産&湖面に映るオーロラ撮影ツアー

  • ツアー期間:

    カナダ・ユーコン現地4泊5日
  • 催行期間:

    9月中旬(※ハイシーズンの為、お早めにお問い合わせください。)
  • 最小催行人数:

    最小2名様からのプレミアム・プライベートツアー
  • ツアー代金:

    2,980CAD(カナダドル)

    +税金5%~/1名

ツアーの紹介

アスペンが黄色に染まる極北の秋に、世界遺産のクルアニ国立公園を訪れましょう。
9月の中旬頃は、カナダ極北・ユーコン準州の秋の盛り。
大地が黄色に染まり、夜には湖面にオーロラが映る一年で最も鮮やかな季節です。
世界遺産の国立公園に隣接するおしゃれなロッジに滞在しながら、野生動物や雄大な風景などの極北の大自然の姿をカメラに収めましょう。(オプションとして、世界最大級の氷河地帯のセスナ撮影も可)
現地を知り尽くした現地日本語ガイド&写真家がツアーを行う、一般のツアーでは体験することのできない、質の高い贅沢ツアーです。

ツアーのポイント

  • 極北の秋とアスペン黄葉街道の撮影
  • 秋の湖面に映るオーロラ撮影と鑑賞
  • ホワイトホースよりユーコン在住の日本人プロガイド&写真家が同行
  • 写真家しか知らないスポットでオーロラ撮影の学習と撮影
  • 世界遺産クルアニ国立公園で野生動物と風景写真撮影
  • クルアニ国立公園隣接のおしゃれなロッジ泊
  • オプショナルツアーとして、世界最大級の氷河地帯をセスナ機から撮影

ツアースケジュール

Day1: 極北・カナダ、ユーコン準州の州都ホワイトホースへ。
夜は早速オーロラ撮影

日本よりバンクーバー経由にてホワイトホース空港に夕方に到着。(時差の関係で同日に到着可能です。)
ホワイトホースのダウンタウンのホテルに移動した後、夕食に出かけます。
夜中のオーロラ撮影に向けて、カメラの設定やオーロラの出現パターンなどをお伝えします。夜は早速オーロラ撮影に出かけましょう。
極北の夜空に舞うオーロラを期待しながら、カメラを持って夜の大自然へと出かけます。
場所は地元の写真家しか知らない絶景オーロラ撮影ポイントへとご案内します。
  • tour_sf01
  • tour_sf01
  • tour_sf01
  • tour_sf01

お食事

  • 夕食

ホワイトホース・ダウンタウンのホテル泊

Day2: アラスカハイウェイと黄葉の世界遺産クルアニ国立公園。
湖面に映るオーロラ撮影。

前日の疲れを癒すため、朝はゆっくりとお休みましょう。 ブランチを食べた後、ホワイトホースの街を軽く探索しましょう。 ホワイトホースはカナダ極北・ユーコン準州の州都で、小さい街ながらもおしゃれなショップや温かみの人で溢れる街です。
お昼からはまっすぐに伸びるアラスカハイウェイを走り、世界遺産のクルアニ国立公園へと向かいます。(移動距離約170km) 道中はエルク(大型の鹿)などの野生動物を見ることができるかもしれません。
極北の秋はアスペンの木が真っ黄色に染まる時期です。
アラスカハイウェイのアスペン街道を走り、黄色に染まった山岳風景や森など撮影しながら、国立公園入口の街、ヘインズジャンクションへと出かけます。
今日は国立公園に隣接するおしゃれなロッジに宿泊し、クルアニの大自然を満喫しましょう。 宿からは氷河に削られた、切り立つ壮大なクルアニ山脈を望むことができます。

夕食はスタッフ手作りのディナーをお楽しみ下さい。
夜は宿の近くで満点の星空とオーロラ鑑賞と撮影を楽しみましょう。
今夜も写真家しか知らない、オーロラが湖面に映る特別なスポットへとお連れします。
  • tour_sf01
  • tour_sf01
  • tour_sf01
  • tour_sf01

お食事

  • 朝食・昼食・夕食

クルアニのロッジ・マウントローガンロッジ泊

Day3: 世界遺産・クルアニ国立公園の野生動物と黄葉・山岳風景。
夜はオーロラ撮影

ロッジでブランチを楽しんだ後、クルアニ国立公園の北側へと出かけます。
黄葉と雄大な山岳風景を見ながら、ユーコン最大のクルアニ湖畔へと出かけます。(往復の移動距離約140km) シープマウンテンでは野生の山岳羊・ドールシープ の姿も見ることができます。
他にもコヨーテなどの野生動物との遭遇に期待しましょう。道中は風景写真も撮影して行きますので、バラエティーに富んだ撮影体験ができます。(往復の移動距離約140km)

※ご希望の方は、事前予約のオプショナルツアーとして世界最大級の氷河をセスナ機から撮影するツアーにもご参加できます。
天候次第で、迫力満点の氷河地帯を上空から撮影できます。

夜は再びスタッフ手作りのディナーをお楽しみください。
夜中は再び宿の近くで、満点の星空とオーロラ鑑賞と撮影を楽しみます。
  • tour_sf01
  • tour_sf01
  • tour_sf01
  • tour_sf01

お食事

  • ブランチ

    スナック・夕食

クルアニのロッジ・マウントローガンロッジ泊

Day4: クルアニ国立公園ドライブ。
ビーバーや先住民の村でサーモンの遡上を観察。

ロッジでブランチを楽しんだ後、今日はクルアニ国立公園の南側へと出かけます。
美しいキャサリン川やキャサリン湖で撮影をします。運がよければ、木を運ぶビーバーの姿を見ることができるかもしれません。 また先住民の村ではサーモンの遡上する姿も見ることができます。
その後は再びホワイトホースへ向けて、アラスカハイウェイをドライブをしましょう。

ホワイトホースに街に到着後は最後のディナーです。
くつろぎながら、旅の思い出を語りあいましょう。
明日は早朝のフライトの為、ゆっくりとお休みください。
(オーロラ撮影の予備日。滞在中に天気が悪かったり、オーロラ予報が強い場合にはオーロラ撮影を行う場合もあります。)
  • tour_sf01
  • tour_sf01
  • tour_sf01
  • tour_sf01

お食事

  • ブランチ

    夕食

ホワイトホース・ダウンタウンのホテル泊

Day5: ホワイトホース空港を出発

早朝にホワイトホース空港を出発。お気をつけて日本までお気を付けてお帰りください。
(時差の関係で、翌日に日本に到着。)

お食事

  • 朝食

    ×(早朝にホワイトホース空港を出発)

ツアー代金に含まれるもの

・ガイド代(車両移動代、空港送迎代)
・オーロラ撮影代3回
・○表示部分の指定のお食事
・ホワイトホースのホテル代2泊(2名1部屋) ※シングルは追加で可能 75CAD+税金5%
・マウントローガンロッジのスタンダード部屋
(別のグレードのお部屋へのアップブレードは可能。料金はご相談ください。)

ツアー代金に含まれないもの

・指定以外のお食事(レストランやカフェでのお食事など)、アルコール代、他のドリンク代 ・ガイドチップ代 ・宿のシングルルーム代 ・3回目以降のオーロラ撮影代 ・氷河地帯のセスナ機からの撮影代(事前に予約が必要です。お問い合わせください。)

ツアー備考

※オーロラは天の運に左右される自然現象ですが、与えられた気象&オーロラ活動条件の中で最大に見えるようなアドバイスを致します。オーロラは天気やオーロラの強弱などとの巡り合わせの要素が強いもので、時にはオーロラ弱かったり、見えない場合もあります。予めリスクをご理解の上ご参加ください。良いオーロラと出会えますように! オーロラ観賞のコツや撮影の仕方などの知識についてはこちらをご覧下さい。 ※オーロラ撮影には三脚や星空撮影に適したカメラが必須です。 ※極北の冬は−10度からー20度前後まで下がることが一般的ですので、寒さや凍傷を防ぐための極寒用の防寒具 は必須アイテムです。(ジャケット、ズボン、分厚いブーツ、帽子、手袋)防寒具をご希望の方はtNtに事前に ご相談ください。快適にオーロラ観賞を楽しめるように、しっかりとした防寒具を ご用意致します。 ※もっとユーコンに滞在したい!という方やツアーを少し変更したいという方はお知らせください。延長滞在やオーダーメイドツアーも可能です。

pageTop