Information

  • Check out our new HP!

    tNt Banner

  • Facebookページも定期的に更新中です!

  • dallsheepBook

    ドールシープ写真集販売中
    AMAZON

Latest Posts

今日は午前中にアイスフィッシングへと行ってきました。凍った湖の上から氷に穴をあけて、魚を釣るというものです。北海道では阿寒湖などでワカサギ釣りをしていますが、こちらの主流はマス釣り。ワカサギはマス釣りの餌として使うことがあるぐらいで(笑)、こちらでは釣りの対象にはなっていないようです。

ホワイトホース周辺にはたくさん湖がありますが、一番近いお手軽な湖へといってきました。2、3時間のちょっとした時間ができるとよく来る釣り場です。友人たちと落ち合い、ソリへ引いて氷の上へ。モーター付きのアイスオーガー(氷に穴を開ける道具)を使って氷に穴を開けていきます。手動のものも持っていますが、なにせ手で穴をあけるとなるとかなり時間がかかります。。。1月後半の今年の氷の暑さは60センチ以上あるでしょうか。かなり分厚くなっていて、人がたくさん乗っても割れて落ちる心配もありません。

P1241408re.jpg DSC03107re.jpg

友人が手際良く3つの穴をあけ、氷のかけらを取り除くと準備完了。アイスフィッシングと焚き火はセットなので、焚き火の用意も手早くしました。基本的にアイスフィッシングは集中力が試されるアクティビティーです。黙っていても魚が勝手にかかることもありますが、通常は小さなアタリを逃さずにいつも集中しておき、アタリがあったとたんに「合わせ」をして釣り上げるというもの。少しでも合わせが遅くなると、「餌をとられてどこかにいってしまった。。。」ということもよくあります。

P1241419re.jpg P1241455re.jpg

釣り方には様々な方法がありますが、一番シンプルなのはジグにエビをつけること。やはり生の餌のほうが匂いがありますので、ルアーだけで釣るよくも喰いがよくなります。仕掛けをいれて10分もたたないころでしょうか。いきなりアタリがありました!ただ少しボケっとしていたために餌を持っていかれてしまうことに。気を取り直してエビをつけて、入れたとたんに再びアタリ。ググッとと引きがあった時のドキドキ感は最高です!今度はすぐに合わせて無事にしとめまることができました。

DSC03122re.jpg P1241484re.jpg

1時間半ほど氷の上で立っていたでしょうか。合計4回のアタリがあり、3匹のニジマスが釣れました。友人にもアタリがあって、1匹を釣り上げたので合計4匹。今日のおいしい夕食の一品となりそうです。食べ方はシンプルに塩こしょうでもいいですし、西洋風にレモンの輪切りやニンニクを刻んだものを腹の中にいれてオーブンで料理してもおいしいです。

極北の冬の風物詩のアイスフィッシングは何度やっても飽きることがありませんね!

Comments(0)

Dogsledding...Finally


Third week of January and finally there is enough snow on the trails close to our home to go dogsledding.


I hooked up my team of six dogs and said, "Okay. Let's go!"


Those three words set me free into a place I love to be - alone on the trails with just the dogs, the sled and me!


P1231320re.jpg

Comments(0)

今日は久々に我が家(のソリ犬たちと犬ぞりをしてきました。

森のゲルに住んで以来一緒に過ごしてきた大家さんの犬たちですが、今年で世話をして7年目となります。最初は20頭ほどいた犬たちが、だんだん年老いてきており、1頭亡くなり、また1頭亡くなり。。。気づけば今は13頭残るのみです。うちの犬たちは「寄せ集め集団」で、レース犬のように血統があるわけではありません。他のマッシャーがいらなくなった犬やシェルターから引き取られてきた、なにかしらの「事情のある犬」がほとんどです。昔は200,300キロものレースにも出た事があるようですが、今では1時間から3時間ほど走るのがちょうどよいぐらいになりました。

P1231375re.jpg P1231298.jpg

今日は庭にいる走れる子達の6頭を連れていくことに。ソリを引っ張り出し、ハーネスやブーティー(犬用の靴下)を履かせたりした後にようやく出発。真っ白に染まったトレイルを走っていきます。平日とあってかトレイルには他の誰もいません。気温はマイナス15度と犬ぞりをするには暑すぎず、寒すぎずのちょうど良い気温です。

犬たちにもそれぞれの性格や癖があるので、「どの子とどの子を一緒に繋ぎ、あの子とあの子は隣に繋いではだめ。。。」というような相性があります。走り方もまちまちで、マラソンランナーのように美しく走る子から、がに股で明らかにエネルギーを無駄にして走っている子まで、ソリから見ていて本当に面白いものです。今日連れていった子達の年齢は、若い子でも6、7歳、一番年をとった子は13、14歳といったところでしょうか。一番遅い子に合わせて休憩をとっていきますので、どうしてものんびりペースとなります。こちらも周りの景色を楽しみながら走りました。昇ってくる月を見たり、野生動物の足跡を探したりと、ソリの上からでも慣れてくるといろんなものが目に入ってくるものです。

P1231340re.jpg P1231352.jpg

犬ぞりはトラブルが起きるとやっかいなことになります。犬同士のけんかをして怪我をすることもありますし、ソリが木の根に引っかかると、ブレーキの一部が壊れて半分制御不能になったりもします。最悪なのがソリをこけそうになった時に、うっかりソリ自体を手放してしまうこと。そうなると「止まれ」と叫んでも犬たちは待ってくれず、どこかにひっかかるまでひたすら走り続けます。当然人間は原野に置いてきぼり状態になることになります。携帯の通じるところならいいですが、圏外ならひとりでひたすら何キロも歩いて探さなければいけません。今まで何度かそういう目に遭いましたが。。。犬ぞりでは問題を避けるためにも、楽しみながら常に犬や周囲の状況に注意を払っていなければいけないものです。

P1231391.jpg P1231293.jpg

今日はほぼ何事もなく終ることができました。時間をみると出発してから1時間と40分。日の短い極北の冬には、夕方になると周りは既に暗くなり始めています。走り終った犬たちを1頭ずつマッサージして、ハーネスを外し、ソリを片付け、犬の糞の掃除をして今日は終わり。美しい光景を見ながらの楽しい一日となりました。ユーコンに旅行にくる方にも人気のアクティビティーですが、動物と走るというのは本当にいいものです。こちらにこられたら是非どうぞお試しあれ!

Comments(0)