Loading...

  • facebookIcon
  • blogIcon
  • formIcon
  • toEngIcon
  • toJaIcon

tNt Nature Connections

カナダ極北・ユーコン準州 自然ガイド & 体験学習

tNt Nature Connections|カナダ極北・ユーコン準州 自然ガイド&教育

spMenu

tNt Tours > English&Nature Tours

Yukon Aurora English Camp

  • ツアー期間:

    4泊5日
  • 催行期間:

    3月末 ※詳細日程は他の季節はお問い合わせ下さい。
  • 最小催行人数:

    3名からの少人数
  • ツアー代金:

    2350CAD〜2550CAD(カナダドル)

    +税金5%~/1名

※親子2人同時参加の場合は子供割引料金あり。(15歳以下のみ大人料金の15%割引。)
※3名様催行:お一人様2550CADカナダドル+5%税金 
※4名様の催行:お一人様2350CADカナダドル+5%税金 
※5名様以上の催行の場合の料金はお問い合わせください。

ツアーの紹介

オーロラ観賞のメッカであるカナダ・ユーコンのホワイトホースで、冬に英語を習いながら大自然でのアウトドアアクティビティーを楽しめる体験学習プログラムです!ホワイトホース郊外の山小屋キャビンに滞在し、カナダ人のESLの資格(英語を外国人に教える資格)を持つ先生と英語を学びながら、極北の大自然でのアクティビティーを体験しましょう!お昼は犬ぞりやスノーシュー、アイスフィッシングなどのアウトドアを楽しみながら、夜は満点の星空の下でオーロラを眺めます。オーロラを待ちながら焚火を囲んで行う「Aurora English Campfire」も行いますのでお楽しみに!山小屋で薪割り、火おこし、アウトドア料理などの体験をすることにより、「自然の中での生きる力」を同時に学びます。「大自然と英語を同時に楽しみたい」という方や「国際感覚や自然の中での感性を育てたい」という方にもオススメのプログラムです。カナダの大自然で習う英語と自然体験は、後々まで記憶に残る貴重な体験となるでしょう!

※このツアーはtNtの英語教師&ガイドのタミーとガイドの上村の2人同時に担当致します。

ツアーのポイント

  • ユーコンの大自然と英語に触れる4泊5日の旅
  • オーロラの見える大自然の中の山小屋に3泊滞在
  • 犬ぞり、スノーシュー、アイスフィッシングなどのユーコンの冬のアウトドア・アクティビティーを体験
  • ESLの先生から英語を学びながらの自然体験
  • オーロラ観賞時に焚き火を囲んで学ぶ「オーロラ焚き火英会話」
  • カナダ人と触れ合う異文化体験
  • 冬のアウトドアスキルを楽しく体験(極北のお料理や火起こし、薪割り、魚のさばきかたなど)
  • ガイド手作りの健康的な極北カナダのお料理
  • ひとツアーにガイド・教師の2人が担当するのプログラム
  • 日本語による現地サポート(プログラム中は必要に応じて日本語にてお手伝いを致します。)
  • 安心の日本語でのメール対応とサービス

ツアースケジュール

Day1: ユーコンの大自然にようこそ!レストランで英語でお食事!

ユーコンのホワイトホース空港にてtNtの先生とガイドがお迎えに参ります。その後はホワイトホース市内の宿へと移動して、ホテルにチェックインしましょう。オリエンテーション時にこれからのYukon Aurora English Campの詳細をお伝えします。大自然に囲まれたユーコンにて4日間の英語学習と自然を楽しみましょう。オリエンテーションを終了した後は早速簡単なESLのレッスンです!

English Lesson: Getting to Know You!=お互いのことを英語で知るための会話をしましょう。


夕方からはホワイトホースでディナーを楽しみます。注文の仕方やお支払い、チップの払い方などを学ぶかたわら、おいしい食事を囲んで英会話にチャレンジしましょう。皆さんのことやこれからの大自然での体験への期待など、積極的に英語でお話しましょう。夜はゆっくりとお休みください。

  • Yukon Aurora English Camp画像
  • Yukon Aurora English Camp画像
  • Yukon Aurora English Camp画像
  • Yukon Aurora English Camp画像
  • Yukon Aurora English Camp画像

お食事

ホワイトホース市内のホテルに宿泊

Day2: 犬ぞり体験と「Aurora English Campfire」

ホワイトホースの街で朝食を食べた後に街を少し散策します。ホワイトホースは小さいながらも素敵な街です。後のアイスフィッシングで必要なフィッシングライセンスを購入したり、色んなお店を覗いてみたりしましょう。その後は郊外のキャビンへと移動します。ユーコンは街を一歩で出ると大自然が広がります。今日から大自然の山小屋で3日間の滞在し、冬のアウトドアや自然生活体験します!

午後からは早速極北の伝統の犬ぞりを体験です。

English Lesson: Dogsledding =犬ぞりに関する言葉を英語を学びましょう。


極北の伝統的な移動手段である犬ぞりは、初心者でも安全に体験することができます。英語での注意をよく聞きながら犬ぞり操縦の仕方を教えてもらいます。そしていよいよ犬ぞりの本番!アラスカン・ハスキー犬が元気よくソリを引っ張っていってくれます。真っ白な雪景色の中をフレンドリーな犬たちと駆け抜けましょう!

犬ぞりを楽しんだ後は再び山小屋へと戻ります。山小屋では薪を割ったり、火をおこしたり、お料理を手伝ったりといった普段はできない自然暮らしの体験をします。ディナーはガイド手作りの夕食を頂きます。tNtではなるべく地元の健康的な食材を作ってお料理します。夕食時には、皆さんが日中に体験した犬ぞりなどのお話をしましょう。ユーコンで毎年開催される「世界一過酷な犬ぞりレース」であるYukon Questのことなど、カナダ・ユーコンにまつわるもことも英語でやさしくお伝えします。夕食後は休憩タイムですのでゆっくりとお休みください。

夜は待ちに待ったオーロラ・キャンプファイヤー第一弾!開始前にオーロラ観賞に関する英語の予習を行います。

English Lesson: Aurora Viewing!=オーロラ観賞に関する英会話を習います。


焚き火を眺めながら、満点の星空にオーロラが出現するのを待ちます。オーロラを待つ間は英語を話す絶好のチャンス。焚き火を囲んで行う「Aurora English Campgire」を行いますので、様々なことを英語で話してみましょう!めでたくオーロラが出現した際には記念写真や撮影なども行います。よいオーロラが見えますように!

  • Yukon Aurora English Camp画像
  • Yukon Aurora English Camp画像
  • Yukon Aurora English Camp画像
  • Yukon Aurora English Camp画像
  • Yukon Aurora English Camp画像

お食事

  • 朝・昼

ホワイトホース郊外の山小屋にて宿泊

Day3: アイスフィッシング体験!夜はオーロラ観賞!

朝はゆっくりとお休みください。今日はお昼前にブランチを食べた後、凍った湖へと出かけます!

English Lesson: IceFishing=アイスフィッシング(氷の穴釣り)に関する英語を学びます!


極北では冬に湖がカチコチに凍り、車が乗っても割れないほどの分厚い氷が張っています。今日はここで極北の冬の風物詩であるアイスフィッシング=穴釣りを体験します。凍った湖に穴をあけ、氷の下を覗いてみましょう。魚はいるでしょうか?レイクトラウトやニジマスといったマスを狙って釣り糸を垂らします。辛抱強く待っていると時折アタリがあります。その瞬間を見逃さずに竿を立て、魚がそのまま氷の上に上がってくるまでリールを巻き上げます!運良く魚が釣れた場合には夕食用に氷の上でさばきましょう。魚を捌いたことがない方にも丁寧お伝えしますので、この機会に是非トライしてください。

アイスフッシングを楽しんだ後は再び山小屋へと戻ります。今日も薪を割ったり、火をおこしたり、お料理を手伝ったりと普段はなかなかできない自然での体験を楽しみます。今晩もディナーはガイドが手作りの夕食をご用意します。日中に魚が釣れた場合は夕食の一品にしましょう!夕食後は休憩タイムです。オーロラ観賞前にゆっくりとお休みください。

English Lesson: Aurora Science!=簡単なオーロラの科学に関する事柄をやさしい英語で習います。


夜はオーロラ・キャンプファイヤー観賞第3弾。焚き火を眺めながら満点の星空にオーロラが出現するのを待ちます。そろそろ英語での会話も慣れてくるころでしょうか。今日も「Aurora English Campfire」をしますので、英語で先生と積極的に話しをしましょう!

  • Yukon Aurora English Camp画像
  • Yukon Aurora English Camp画像
  • Yukon Aurora English Camp画像
  • Yukon Aurora English Camp画像
  • Yukon Aurora English Camp画像

お食事

  • ブランチ・夜

ホワイトホース郊外の山小屋にて宿泊

Day4: スノーシューで森を散策!夜は最後のオーロラ観賞!

今日も朝はゆっくりとお休みください。お昼前にブランチを山小屋で食べた後、今日はスノーシュー(西洋カンジキ)を体験します。ふわふわに積もった雪の上をスノーシューを履いて歩きましょう!

English Lesson: Snowshoeing=スノーシューに関する事柄を英語で学びます!


カナダの伝統であるスノーシュー(西洋カンジキ)を履いて、深い雪の中を歩いて行きましょう。極北の森の中には野生動物が潜んでいます。雪に残された足跡を見る事により、どのような動物が歩いていたかを想像することができます。カンジキウサギにアカリス、キタキツネにオオヤマネコなど森には動物たちの跡で溢れています。スノーシューで森を探検しながら実際の動物や足跡を探してみましょう。

スノーシュー後は再び山小屋へと戻ります。薪割りも板についてきたころでしょうか!?今晩もディナーはガイドが手作りしますので、英語を使いながら一緒にお料理をして楽しみましょう。先生とガイドとの夕食を楽しんだ後は休憩タイムです。最後のオーロラ鑑賞前にゆっくりとお休みください。

English Lesson: Aurora Legend!=オーロラにまつわる伝説を英語で習います。


夜はオーロラ・キャンプファイヤー観賞3回目。焚き火を眺めながらオーロラが出現するのを待ちます。最後の夜はどんなオーロラが見えるでしょうか?今夜も「Aurora English Campfire」中に積極的に英語でお話ししましょう。最後に良いオーロラが現れますように!

  • Yukon Aurora English Camp画像
  • Yukon Aurora English Camp画像
  • Yukon Aurora English Camp画像
  • Yukon Aurora English Camp画像
  • Yukon Aurora English Camp画像

お食事

  • ブランチ・夜

ホワイトホース郊外の山小屋にて宿泊

Day5: ホワイトホースを出発

朝はブランチを山小屋で頂きます。先生とガイドとの最後のブランチを楽しみましょう。

English Lesson: Saying Good-bye=お別れの挨拶を英語でしましょう。


山小屋をチェックアウトした後は出発の時間です。フライト前に少し時間がある場合は、ホワイトホースのダウンタウンへと立ち寄ります。(早朝出発の方はブランチなしでそのまま空港へ行きます。)最後にホワイトホース空港にて英語でESLの先生とお別れをしましょう。ユーコンの大自然を満喫できましたでしょうか?英語を話すのに少し自信がつきました?Yukon Aurora English Campにご参加頂きありがとうございました!

※もっとユーコンに滞在したい!という方は延長滞在も可能です。お問い合わせください!

お食事

  • ブランチ

ツアー代金に含まれるもの

・ホワイトホースのホテル代1泊(2人1部屋共有)
・ホワイトホース郊外の山小屋3泊代(お部屋を共有滞在するキャビン)
・半日犬ぞり・半日アイスフィッシング・半日スノーシューのアクティビティー
・半日犬ぞりの犬ぞりガイドへのチップ代
・アイスフィッシングのライセンス代
・3回のオーロラ観賞&オーロラ焚火英会話代
・山小屋でのお食事代(ブランチ3回・夕食3回・その他スナックなど)
・英語のレッスン=ESL Lesson代
・朝9時から夜20時までの通常時間内の空港送迎代

ツアー代金に含まれないもの

・早朝深夜の空港送迎代(お一人様40カナダドル+税金5%追加で可能。※最終日のブランチ抜きの方は追加料金なしで送迎可能です。)
・ホテルシングル部屋ご希望の場合の追加料金(お一人様1晩80カナダドル〜+税金5%)
・防寒具レンタルをご希望の場合のレンタル代(お一人様4泊5日150カナダドル+税金5%)
・三脚レンタルご希望の場合のレンタル代(お一人様4泊5日40カナダドル〜+税金5%)
・オーロラ観賞3回以降がある場合の追加観賞代(1晩につきお一人様120カナダドル+税金5%)
・レストランでのお食事代やドリンク代やアルコール代

ツアー備考

※早朝のフライトで出発の方はご相談ください。

※オーロラは天の運に左右される自然現象ですが、与えられた気象&オーロラ活動条件の中で最大に見えるようなアドバイスを致します。オーロラは天気やオーロラの強弱などとの巡り合わせの要素が強いもので、時にはオーロラ弱かったり、見えない場合もあります。予めリスクをご理解の上ご参加ください。良いオーロラと出会えますように! オーロラ観賞のコツや撮影の仕方などの知識についてはこちらをご覧下さい。
※オーロラ撮影には三脚や星空撮影に適したカメラが必須です。三脚とカメラとレンズは事前予約で貸し出しも可能です。

※極北の冬は−10度からー20度前後まで下がることが一般的ですので、寒さや凍傷を防ぐための極寒用の防寒具は必須アイテムです。(ジャケット、ズボン、分厚いブーツ、帽子、手袋)防寒具をご希望の方はtNtに事前にご相談ください。(7泊8日250カナダドル+税金5%)快適にオーロラ観賞を楽しめるように、しっかりとした防寒具をご用意致します。

pageTop